50代以上で派遣登録をしても実際にはお仕事はあるのか?

大学を卒業すれば自然と就職活動をするのが当たり前とされる世の中なのですが、ここ最近では最初から正社員として働くことはせずに派遣社員として働き出す新卒の若者が実際には増えています。
やはり未来ある若者ですので、スキルアップを高めてから正社員として働き始める、色々な世界を見てから自分に合った会社を探す、などなどのような理由が主となります。
そこで、こういった若者とは反し、50代以上の高齢の人が派遣登録をして実際に仕事はあるのでしょうか。
答えから言いますと、正直なところ50代からの派遣での仕事はほとんどないというのが今の現実でもあるのです。
もちろん、人によっては経歴や仕事内容で紹介されることはあります。
しかし、20代~40代が応募できるような仕事にエントリーしても、ほぼほぼ書類が通過することはないのです。
厳しいかもしれませんが、これが現実なのです。

派遣会社側の本音とは?

たとえば50代の人が派遣会社に登録してきた際、実際のところの本音というのが気になるところでもあります。
やはり、実際ははっきりと断ることはできませんので、「仕事が見つかれば連絡をします」と言ってとりあえずその場は切り抜けるというのが常套手段のような気がします。
もちろん、年齢で差別をしているつもりはないのですが、派遣会社の営業担当者もサラリーマンですから結果を残さなければいけません。
ですので、他社に負けないようにできるだけ若い人を派遣したいというのが実際の本音でもあるのです。

人気のない職種や勤務地は50代からでも可能

そもそも、50代の人でも採用されやすい仕事というのはないのでしょうか。
ちなみに、条件さえうるさく言わなければ仕事がないわけではありません。
たとえば、人が集まりづらい職種や通いづらい場所、社員数が少ない会社などあまり人気がないような仕事を希望すると多少は紹介されやすくなるのです。
厳しい環境が多いコールセンターや体力を使う工場のライン、清掃などは比較的50代の人でも採用されやすいといわれています。
要するに、どうしても派遣社員として働きたいのであれば、「登録の際にあまり条件をつけない」ということなのです。
通える範囲ならどこでもいいし、どんな仕事でもOKというスタンスだと、派遣会社としても紹介しやすくなるはずです。