派遣先で失敗しない服装・身だしなみ

派遣として働くみなさんは普段どんな格好で職場に行っていますか?職場での見た目は意外と重要です。しかし、派遣先の服装は職場によってバラバラで、特にルールがないことも多いです。そこで今回はどこの職場でも通用する派遣先で失敗しない服装選びや身だしなみについてご紹介したいと思います。

「清潔感がある」「主張し過ぎない」が鉄則

服装や身だしなみは自分自身の信頼や派遣先の評判へ大きく影響します。ここで重要なのは以下の2点です。
清潔感がある
人は清潔感がある人に対して好印象を抱く傾向があります。逆に清潔感がない人に対しては不快感を抱くので常に身だしなみには注意する必要があるでしょう。
主張し過ぎない
個性的なことが評価されるのは親しい関係の中だけです。ビジネスの世界や職場ではかえってマイナスに働く場合も多いので、定番を抑えたあまり主張しない服装を選んだ方が無難だと思います。
では具体的にどういった点で服装や身だしなみに気を配るといいのでしょうか?

髪型で清潔感が決まる

髪型ほどその人の清潔感に影響を与える部分はないと思います。髪がボサボサだったり、脂ぎっているのはNGです。毎日ケアを欠かさず常に清潔に保ちましょう。
また、男性の場合、髪が目や耳にかかっていない方が好ましいです。短くカットすることで若く爽やかな印象を与えることができます。

意外と手は見られています

意外とチェックされているのが手や爪です。最近ネイルを楽しむ女性は多いですが、多くの職場で禁止されています。女性に限らず男性も長く伸びた爪や汚れは衛生面を考えても好ましくないので、しっかり手入れをしておきましょう。

口臭は特に注意

特に注意すべきなのが口臭です。出社するときはもちろん、食事や喫煙の後や重要な会議前、得意先と合う際には歯磨きやタブレット等で口臭ケアに気を配っておいた方がいいと思います。

客観的に見て自分の服装がふさわしいか

服装においては自分を客観的に見ることが大切です。自分がどんなに好きで着ている服でも社員やお客さん、得意先の人からしたらふさわしいとは限りません。
デザインが主張しすぎているものや、露出度の高いものは注意したほうが良いでしょう。

派遣ファッションの基本

<まずはスーツの基本を押さえる>
オフィスで仕事をする場合はまずスーツを着ていきましょう。数日働きながら社員の服装を観察したうえで考えるのがベターです。
スーツの上下は派手なストライプやチェックなどの柄は避け、無地の黒・紺・グレーを選ぶのが好ましいです。シャツは白か淡いブルーが基本で、ネクタイは青系を選ぶとまず間違いありません。スーツのシワやシミは目立つので定期的にクリーニングへ出し、常に清潔に保ちましょう。
<オフィスカジュアル>
スーツでなくてもいい場合、オフィスカジュアルのスタイルが基本になります。上は襟付きで無地の落ち着いた色合いのもの、下は長ズボン(女性はスカートも可)といったシンプルなものを選びましょう。