派遣における年齢の壁

多くの人は年を取るにつれ、経験やスキルを身につけワインのように自分の価値が上がっていくと信じがちですが、仕事においては必ずしもそうではありません。特に派遣においては若さも重要な判断材料です。どの企業も表では年齢によって人材を評価しないとしていますが、同じぐらいのスキルや経験なら20代のスタッフが採用されるケースが圧倒的に多く、35歳を過ぎると仕事数が極端に減ることも事実です。実際に年齢の壁は明確に存在しているといえるでしょう。
では35歳を過ぎた派遣スタッフが仕事を見つけていくにはどうしたらいいのでしょうか?今回は年齢の壁を超えて派遣で働く方法をご紹介します。

なぜ、35歳を過ぎると不利なのか?

なぜ派遣において若い人が有利なのでしょうか?その理由については以下の3点が考えられます。
1.多少のスキルや経験の差は若い人のやる気でカバーできる
2.仕事を教える社員より年齢が高いとやりにくい
3.仕事に対する考えが固く柔軟性がないため扱いが面倒
つまり、多少スキルが劣っていても会社の指示を素直に聞き、成長率の高い若い人の方が会社から重宝されるということです。

35歳を過ぎても仕事を紹介してもらうためには?

派遣において若い人に比べて不利だという事実は受け入れなくてはいけません。しかし、35歳を過ぎても仕事に採用される方法はあります。次の2点を実践してみてください。
派遣会社へ正直に相談する
良い仕事を紹介してもらえるかどうかは派遣会社との関係次第です。相手も人間なので、営業マンやコーディネーターと仲良くなり、味方につけることでいい仕事を紹介してもらえたり、アドバイスをもらうことができます。
また、正直に仕事が見つからないことを打ち明け、希望条件の変更や相談を受けることも大切です。
スキルを磨き、専門性を身につける
専門的なスキルを身につけたり資格を取得することで、年齢に関係なく仕事を見つけることができます。他の人は持っていないスキルや資格・経験を持ち、代えが効かない人材になることを目指しましょう。

年齢の壁を超えるためには?

いかがでしたか?年齢が理由で仕事が紹介されなかったとしても、派遣会社のせいにするのではなく、なぜダメなのか冷静に分析し、派遣会社と協力しながら着実にスキルアップと職探しを進めていく必要があるでしょう。