派遣で働く事務のお仕事

近年、多くの人が派遣として様々な仕事をしていますが、そのなかでも特に女性から高い人気を誇るのが事務のお仕事です。
しかし、最近では人気が高くなかなか就けない仕事になっており、事務といっても「具体的にどういう仕事かわからない」という人は多いと思います。そこで今回は派遣女性からの人気No.1を誇る事務のお仕事について、仕事内容や魅力、求められるスキルをご紹介したいと思います。

事務ってどんな仕事?

事務の仕事はひとことで言うと「社内の雑務を行い、社員をサポートする仕事」です。
具体的には以下のような細かい仕事をいくつも担当しています。
・Wordによる営業資料・契約書の作成
・資料のコピー
・電卓やExcelによるデータ集計
・資料のファイリング管理
・メールや電話、FAXによる応対
・会議の準備や議事録によるフィードバック
・備品の発送や申し込みなどの各種手配
そのため、特に資格や経験がなくても仕事をすることは可能です。しかし、最近では事務の仕事が人気になってきているため、専門スキルを磨いておく必要が高まってきています。

専門的なスキルがあると有利

社内の雑務を行う一般事務のお仕事は特に専門知識を必要とはしませんが、OA事務や貿易事務、翻訳事務といった専門的な事務の仕事をする場合は、少し専門的なスキルが求められてきます。
WordやExcelといったパソコン操作スキル
パソコンを使いWordでの営業資料・契約書の作成やExcelによるデータ集計を行うOA事務の仕事をする場合は、Office系ソフトのスキルが求められます。目指す人はMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)の資格を取得し、スキルアップしておくといいでしょう。
一定の語学力
また、海外の人と仕事をしたり、英語を扱う貿易事務や翻訳事務の仕事をする場合は一定レベルの語学力が必要となります。計画的に勉強してTOEICなどで語学力を証明できるようにしておくと、仕事に就く際に有利となるはずです。

人気の理由と現状

いかがでしたか?事務の仕事といっても幅広く、様々な仕事内容があります。経験がなくても仕事に就くことができる事務のお仕事ですが、最近では競争が激しくなり、専門スキルがないとなかなか仕事に就くのは難しいかもしれません。
逆にいえば、自分のスキルアップに応じて、どんどんキャリアを広げていけるのが事務職の人気の秘密です。
自分のキャリアプランに合わせて計画的にスキルアップや資格取得を進めていけば、キャリアアップは十分に可能だといえるでしょう。