派遣で働くクリエイティブ業界

Webデザイナーやグラフィックデザイナーなどが活躍しているクリエイティブ業界で、実は今派遣がものすごく重宝されていることを御存知ですか?
今回はそんな派遣スタッフにとってはねらい目なクリエイティブ業界についてご紹介したいと思います。

今、重宝される派遣のクリエイターたち

Webデザイナーやグラフィックデザイナーといったクリエイターのお仕事はそれなりに専門的スキルが求められる大変な仕事ですが、その反面、仕事はたくさんあり、時給2500という高待遇を受けることもできます。
ではなぜ派遣のクリエイターは重宝されるのでしょうか?その理由は以下の2点です。
フレキシブルな人材確保が求められる
クリエイティブ業界は目まぐるしくプロジェクトを進行していくので、その都度様々なスキルを持った人材を確保しなくてはいけません。そのため、無期限で雇用する正社員だけでなく、一定期間で活躍する即戦力(=派遣クリエイター)が重宝されるのです。
新しい考え方や人材を必要としている
クリエイティブ業界は常に新たなアイデアや技術を求めています。そのため、常勤している正社員に加えて経験やスキルを持ったクリエイターを雇用することで新たな血を入れていく必要があるのです。

Webデザイナーのお仕事

今派遣として働く人が増えているwebデザイナーは見栄えよく機能的な見やすいWebサイトをつくる仕事です。仕事は大きくわけて次の2つに分類されます。
サイトのデザイン
グラフィックソフトを用いて、クライアント側の要望や制約、コンテンツ内容をもとに見やすく美しいWebサイトを構成していきます。
コーディングによる実装
デザインをもとにWebページをつくるための基本的な言語であるHTML/CSS/Javascriptなどを使ってブラウザで見られるようにコーディングしていきます。
<求められるスキル>
グラフィックの素材を作るIllustratorや画像を加工するPhotoshop、Webページを作るDremweaverなどのソフトを使えるように勉強しておいた方がいいでしょう。また、Webサイトをコーディングする場合はHTML/CSS/Javascriptといった言語の知識が求められます。もちろん、仕事を始めてから研修や独学で取得することも可能です。

グラフィックデザイナーのお仕事

グラフィックデザイナーは誌面やポスター、パンフレットなどをデザインする仕事です。最近ではWebサイトをデザインすることも増えてきています。
Webデザイナー同様にグラフィックソフトのIllustratorや画像編集ソフトのPhotoshopといったソフトが使えるようにしておきましょう。

いろんな人やプロジェクトに関われるクリエイターのお仕事

派遣クリエイターのお仕事、いかがでしたか?いろんな企業のプロジェクトに参加できるのはクリエイターにとって大きなメリットだと思いますし、高待遇が受けられるので挑戦してみるのもいいかもしれません。
ただ、競争も激しいので目まぐるしく進歩する技術に合わせて常にスキルアップが欠かせないでしょう。