表向きは派遣登録されてあったとしても仕事が必ずあるわけではない

派遣社員として働き出す人が最近増えているような気がします。
そもそも、派遣社員として働くには派遣会社に登録をして、派遣会社からどこかの企業を紹介してもらって働くことになります。
そこで、派遣会社に登録をする際、派遣登録会というものに出なければなりません。
ちなみに、派遣登録会に出さえすれば勝手に仕事が舞い込んでくると思っている人がいるかもしれません。
確かに、そういった人材というのは少なからず存在するのでしょうが、中には登録をしたにも関わらず全く仕事の紹介がされないという人もいるのです。
ちゃんと登録会にも行ったし、色々な仕事も募集しているのに何故かと不思議に思っている人も多いのではないでしょうか。
一言でいいますと、「仕事を紹介するに相応しくない派遣スタッフ」と派遣会社から評価されてしまっているからです。
というのも、派遣登録は一般的には登録をしてお仕事を紹介してもらう場だといわれていますが、派遣会社側の考えは違います。
要するに、派遣登録会という場は「仕事を紹介するに相応しい人材かを見極める場」ということなのです。
このタイミングで仕事の紹介は難しいと判断されれば、派遣会社からの仕事の紹介はないと考えてまず間違いはありませんし、紹介されたとしても人気のない職種ばかりだと思ってまず間違いないでしょう。

派遣スタッフの評価の仕方

派遣会社というのは、派遣スタッフをどのように評価をしているのか気になるところだと思われます。
基本的には、登録してきた人材を一人ひとりに点数をつけて評価をしているのが基本となります。
たとえば、5点満点で計算するとして、「顔は3点」、「清潔感は4点」、「服装は3点」、「話し方は2点」、「聞き方は4点」、といった形で点数をつけているのです。
こういった点数方式で評価をしている大きな理由に、文章だけでは面談のときには伝わりづらいということが第一に考えられるため、細かく点数方式で先方には見定めてもらっています。

派遣登録で注意するポイント

やはり、せっかく派遣登録をするのですから、それなりに多くの仕事を紹介されたいと誰もが考えるものです。
そこで、派遣登録をする際に注意するポイントをさえ抑えておけばいいのではないかと思われます。
一般的には3つ注意しておけばいいといわれているのですが、その3つというのが「ホウレンソウをきちんと行う」、「当日関わる派遣会社の社員とコミュニケーションをしっかり取る」、「面談する社員に好かれる」、という3つとなってきます。
社会人としてのマナーが最も大事ですが、面談する社員と仲良くなれれば紹介される仕事も増えるはずです。
多少スキルや経験が足りてなくても問題はないのですが、ただ派遣登録時に嫌われてしまったらいくらスキルが高くても「紹介しづらいスタッフ」と記されてしまうので気をつけなければならないのです。