高校生といえばアルバイトだけど派遣でも働けるの?

高校生といえば派遣よりもアルバイトのほうがイメージありますね。実際にアルバイトの募集のほうが多いかもしれません。派遣社員はなにかしらのスキルを持った人というイメージがあるために、高校生と派遣は結びつきにくいのも事実です。でも、実は高校生でも派遣の仕事はできます。

高校生応援キャンペーンがある

派遣の仕事を紹介するサイトでは、高校生でも応募ができる仕事を特集していたりします。
アルバイトとは違い直接雇用ではなく、派遣会社にまず登録してから派遣先へと仕事に向かうのが派遣の仕事です。

派遣法の改正により、30日以内の短期派遣が特定の人以外はできないようになりました。
高校生は特定の人にあてはまるので、短期派遣も応募が可能なのです。

工場などの簡単な作業が多い

高校生ですから、事務職などの募集はほぼありません。
ほとんどは工場などでの軽作業になります。
たとえば、商品の仕分け、洋服のタグ付け、シール貼り、または検品作業などがあります。

洋服の検品作業では、まず洋服に針が残っていないか調べる検針作業があります。洋服に針がついていると購入した人が怪我をする恐れもあるので、とても大事な作業となります。
検針のあとは、洋服のサイズを計って規定のサイズになっているか。そして実際の洋服のサイズと洋服に付けられているタグのサイズ「S」「M]「L」が合っているのかを調べます。
そして糸のほつれ、刺繍やアップリケなどの装飾品の位置が正しいか。などを調べます。糸のほつれや刺繍が間違っていた場合、修正できるものは修正します。
そして、染みがあれば染み抜きの機械で抜きます。

土日のみOKとの仕事も歓迎される

高校生ですから平日は夏休み以外は出勤できませんね。
そのため、土日のみOKな仕事もあります。

さらに、夏休みや冬休みは、そこで働いている主婦が休みをとる期間でもあるので人手が不足します。それを補うために、高校生を採用することもあります。

1日からの短期派遣の仕事もありますから、ちょっとお金を稼ぎたいときに短期派遣仕事はおすすめです。
アルバイトよりも時給がいいこともあり、検討してみてはいかがでしょうか。