「ちょうどいい」と人気の派遣のお仕事!アルバイトや正社員との違いとは

みなさんは派遣に対してどんなイメージをお持ちですか?実は今、多くの若い世代から派遣は働き方として「ちょうどいい」と人気が高まっています。今回はそんな派遣のメリットについてアルバイトや正社員と比較しながらご紹介します。

派遣は中途半端ではなく「ちょうどいい」働き方

稼ぎたい人は正社員の方が給料は良いですし、気楽に働きたい人はアルバイトの方が向いているはず…。人によっては派遣に対して中途半端なイメージを抱いてしまうかもしれません。しかし、派遣は若い世代の働くスタイルにマッチした「ちょうどいい」働き方だと人気が高まっています。
では、どんな点がちょうどいいのか?ここからは派遣のメリットについてご紹介していきましょう。

働き方が「ちょうどいい」

人気の理由としてまず挙げられるのが「自分のペースやスタイルで働ける」という点でしょう。業種はもちろん、自分の働きたい日数・時間など細かい要望に沿った仕事を探すことができます。
もう一つは「一定の派遣期間が設けられていること」です。もし職場が合わなかった場合、正社員だと辞めるのは大変ですが、派遣であれば数カ月の派遣期間を働き、契約更新をしなければ誰にも迷惑をかけずに自動的に辞めることができます。一定の期間だけ働くため、人間関係のトラブルなど面倒なこともありません。
そして「派遣会社のサポート」もメリットとして挙げられます。自分に合った仕事を紹介してくれますし、職場への要望を代わりに相談してくれたり、様々なアドバイスをしてくれます。

待遇面が「ちょうどいい」

派遣の仕事がちょうどいいと思われる理由として「時給制」であることが挙げられます。派遣スタッフは即戦力として採用されるため、アルバイトよりも格段に時給が高く、ボーナスこそもらえませんが、有給や残業代の支給など高待遇を受けることができます。
固定給である正社員に比べて、頑張った分だけ給料がもらえるのでモチベーションも保ちやすいと人気のようです。

スキルアップに「ちょうどいい」

派遣は一定期間で様々な仕事を経験できるので、自分に合った仕事や職場を探すのにちょうどいい働き方です。また、派遣会社がスキルアップ講座の資金を負担してくれたり、無料で講座を開いてくれるため、スキルを磨きながら働くことができます。
自分の頑張り次第で派遣先に正社員として登用されたり、キャリアアップできるチャンスも大いに秘めているといえるでしょう。