憧れの秘書って派遣スタッフとして雇われることもあるんです

テレビドラマなどでかっこよく社長や役員の隣で黒革の手帳を持っている秘書。憧れますよね。秘書になるには難しいですが、実は派遣でも秘書の募集は多いのです。ご存知でしたか?
では、派遣での秘書のお仕事ってどんなことするのでしょう。

秘書のお仕事って?

主に社長や役員のスケジュール管理、来客対応などが多いです。

・会食や会議のスケジューリング
・来客対応
・航空機や特急券などのチケットの手配
・書類作成、ファイリング、資料集め
・データ入力
・経費精算

こうやってみると、雑務が多いですね。本来ならば自分自身でやらなくてはいけない業務ができない多忙な役員のために、秘書はサポートするために存在します。
そのため、あらゆる基本的な事務作業から来客対応などの知識が必要となります。

そして、社長や役員の窓口、つまりは顔ともなるので、時には社長や役員よりも丁寧な対応が求められます。
電話対応ひとつでも、通常の事務よりも丁寧な口調で話し、なおかつ間違った情報を社長や役員に伝えるわけにはいきません。

どんな人がなれる?

派遣での秘書のお仕事をするには、ほとんどはどこかで秘書の経験がないと難しいでしょう。なぜなら、派遣は即戦力となる人材を求めているからです。

学歴も、短大、大学卒業以上になります。

しかし、中には秘書や事務を得意とする派遣会社があり、そこでは初心者でも秘書の仕事につきやすいようにセミナーを行っているところもあります。最近では未経験でも募集をしている企業も増えてきました。

いきなり正社員から秘書になるのは難しいならば、まずは派遣から初めてみるのもいいですね。一歩引いた立場から職場を見渡し、本当に自分に向いているのか見極められます。

秘書検定は必要?

秘書検定は必要かどうかは、はっきりいってあまり必要とはいえないでしょう。しかし、秘書の仕事の基礎知識が備わりますので、これから目指す方には勉強してもいいかもしれません。
履歴書にも記載できる資格でもあります。

今は秘書検定よりも、英語力があると喜ばれる事が多いです。
少し英語ができる、というのならば英語力をアップさせるのも秘書への近道かもしれませんね。