長期派遣と短期派遣それぞれのメリット/デメリット

ここ数年、派遣として仕事をしている人が非常に増えていますが、正社員と派遣の大きな違いは「仕事ができる期間が決まっていること」です。派遣スタッフは短期や長期の一定期間の間仕事をすることになり、自分の都合だけで期間終了前に辞めたり、期間を過ぎて仕事を続けることはできません。そのため、派遣で働く際、多くの人が派遣期間について悩むと思いますが、今回は長期派遣と短期派遣それぞれのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。それぞれメリット/デメリットがあるので、参考にしながら自分に合った期間を選びましょう。

短期派遣のメリット/デメリット

派遣における短期とは半年未満の勤務を指し、仕事によっては数日間という短いものもあります。
短期派遣のメリット
<いろんな仕事を体験できる>
短期のため失敗するリスクも少なく、いろんな仕事に挑戦することができます。人間関係に悩むことなく、自分に合った仕事を働きながら探すことができるので、派遣で働き始める人はまずいくつかの短期派遣に挑戦することをおすすめします。
<フレキシブルに仕事が入れられる>
次の仕事が見つからなかったり、就職まで少し期間がある場合「穴埋め」として仕事や収入が得られる点もメリットとして挙げられます。給料もアルバイトより高いので、少し稼ぎたい時にはぴったりです。
短期派遣のデメリット
<収入が不安定>
派遣の仕事も募集の数が時期によってバラバラなので、収入が不安定になりがちです。常にアンテナを張り、しっかりと仕事のスケジュールを立てる必要があると思います。
<スキルがないと採用されにくい>
短期派遣の場合、すぐに仕事で結果を出せる即戦力でなければ採用は難しいと思います。自分の向き不向きを理解し、常にスキルアップすることを心がけましょう。

長期派遣のメリット/デメリット

派遣における長期とは半年以上の勤務を指し、仕事によっては数年単位のものもあります。
長期派遣のメリット
<収入が安定している>
十分な給料が得られ、残業代も付くので、長期間で働くのであればしっかりと安定した収入を得ることができます。
<スキルアップや実績が得られる>
長期間働くことで継続的なスキルアップに繋がり、実績を積み上げることができます。結果的にキャリアアップを達成することができます。
<正社員登用のチャンスがある>
長期間働くことで実績や社員との人間関係を積むことができるので、気に入られれば正社員として採用されることもあります。やる気次第で大きなチャンスをつかめるのも長期派遣の魅力です。
長期派遣のデメリット
<仕事選びに失敗できない>
長期で契約を結ぶため、派遣先が自分に合っていなかったり、やりたい仕事じゃなかった場合にやり直しがしにくいリスクがあります。派遣先を探す際には契約を交わす前に仕事内容や待遇、職場環境についてしっかり確認しておきましょう。