一般派遣と特定派遣それぞれのメリット/デメリット

近年、派遣として働く人が増えており、自分に合った仕事を見つけている人が多くなりました。派遣で働く場合、事前に登録した派遣会社から仕事を紹介してもらい、掲示された派遣期間の間だけ仕事をする登録型派遣が一般的ですが、それだけでないことを御存知ですか?
今回はそんな「登録型派遣」に加えて、雇用形態や働き方が異なる「常用型派遣」について説明し、それぞれのメリット/デメリットをご紹介したいと思います。それぞれを比較しながら自分にあったものを選んでみてください。

登録型派遣について

全体の8割を占め、代表的な派遣のスタイルとして挙げられるのが登録型派遣(一般労働者派遣)です。事前にプロフィールの登録やコーディネーターとの面談を通して業務内容や勤務時間、給料などを伝え、その条件に合った派遣先が見つかった場合だけ雇用契約を結ぶ仕組みです。
メリットについて
<募集が圧倒的に多い>
募集数が多く仕事の幅も広いため、希望する仕事が見つかりやすいことがメリットとして挙げられます。業種が幅広くいろんな仕事に挑戦できるため、自分に向いた仕事を探したい人や短期間で集中して稼ぎたい人に向いていると思います。
デメリットについて
<収入や雇用が安定しにくい>
短期間の募集が多く、派遣期間以外では給料が発生しないので収入が不安定になりがちなのがデメリットとして挙げられます。
<モチベーションを保ちにくい>
仕事内容としては専門性が低く、補助的な仕事が多いためスキルアップに繋がりにくいこともデメリットとして挙げられます。
また、頑張りや実績が収入に反映されにくいので、モチベーションが保ちにくいことも多いです。

常用型派遣について

条件に合った仕事がある時だけ派遣契約を結ぶ登録型に対して、仕事の有無に限らず派遣会社と無期限に雇用契約を結ぶのが常用型派遣です。
派遣会社が毎月給料を支払うため、派遣される仕事は長期のものが多く、専門的な知識や技術が求められるシステムエンジニア・デザイナー・営業・秘書などの仕事が多い傾向にあります。
メリットについて
<収入と雇用が安定している>
派遣先との契約が終わっても派遣会社と雇用契約を結んだままなので、給料が途絶えることなく、交通費やボーナスの支給、有給休暇の取得など待遇面が安定しています。また、派遣会社もすぐに別の仕事を紹介してくれるため、雇用が安定している点も魅力です。
<キャリアアップのチャンスがある>
派遣会社によっては社内研修制度を設けていることも多いです。そのため、スキルアップできる環境が整っています。
また、特定派遣は人気の高い大企業で働けるチャンスもあるので、専門的なスキルを磨いてキャリアップを目指している人には向いていると思います。
デメリットについて
<あまり仕事を選べない>
専門性の高い仕事が多く、募集数も少ないので、自分の要望や条件に合った仕事を見つけにくいことがデメリットとして挙げられます。